修理から交換まで 知っておきたい「フロントガラス」の豆知識

      このエントリーをはてなブックマークに追加

「フロントガラスに傷がついた!」そんな時どうしますか?

フロントガラスに傷が付いた、ヒビが入った。といった時の対処法はご存知ですか?フロントガラスは運転時の視界状況を左右する重要な部分です。安全運転の為にも適切に対処する必要があります。
基本的にヒビが入ったり割れてしまったガラスを元に戻すことはできないと考えてください。ある程度の大きさのヒビが入ってしまった場合に半分は全く傷が付いていないという場合でも交換ということになります。


小さな傷であれば特殊な樹脂液を流し込んで目立たなくすることも可能です。しかしながら小さな傷であっても走行中の振動や気温の変化による膨張・縮小による影響で傷やヒビが大きくなったり割れてしまったりということも考えられます。走行中に飛んでくる石や事故の際にも割れやすくなります。運転している人の視界を遮ることにもなりかねません。フロントガラスに傷やヒビが入っているというのは非常に危険な状態であることを理解しておきましょう。


フロントガラスが傷ついた場合は早急に交換しましょう

 

大きな傷やヒビが入った場合には修理は難しいため交換するしかありません。また、小さな傷やヒビであっても大きくなる兆候が少しでもあれば安全のために交換することをお勧めします。


実はガラスの傷は車検の際に問題となります。車検では安全に走行可能かどうかを基準に判断が行われます。そのためガラスの傷も検査対象となります。特にフロントガラスには厳しい基準が設けられています。
助手席側のガラスであれば多少の傷なら問題なしとなることもありますが運転席側の場合はそうはいかないようです。点状の傷であれば検査に通る場合もありますが線状のヒビが入っている場合「容易に貫通されないこと」という基準に引っかかると判断されることが多いようです。このようにわずかな傷と思っていても車検の際に問題となる可能性がありますので注意しましょう。
車検時に交換となった場合にはじっくりと考える時間もなく在庫状況などにも影響されて高価だったり品質の良くないガラスに交換することになってしまうかもしれません。


フロントガラスはとても重要な部品です。安全で快適な運転のためにも様々な製品を比較して最適なガラスを選ぶことが大切です。そのためにも傷がついたりヒビが入ってしまった場合には、その時点でフロントガラスの交換を検討するべきでしょう。